学生生活はシェアハウスを東京で探そう

田舎から上京してきた学生には親からの仕送りが非常に少ないという深刻な悩みを抱えています。家賃が高い東京で一人暮らしをさせるのは贅沢になっているかもしれないです。その一方で学生向けのシェアハウスが非常に人気を呼んでいます。マンションや一戸建てを借りて数人の学生たちを共同生活を送ります。上京したての学生にとって、誰かと一緒に暮らすのはかなり心強いですし、それに一人暮らしをするよりも生活コストをかなり下げることができるので、親御さんの経済的負担をかなり抑えることができます。一人暮らしでしたら勝手気ままな生活を送ることができますが、シェアハウスでしたらルールに従わないといけないので、規則正しい生活を送ると同時に、堅実なキャンパスライフを送ることもできるのが、大きな魅力です。シェアハウスでしたら親御さんも安心して上京させてもらえます。

共同部分が充実しているシェアハウスは東京にある

一人暮らしだと何かと制限があります。部屋が広くないので、大きなテレビを設置できない、広いお風呂に浸かることができない、キッチンも充実していないので自炊ができない悩みが多いです。しかし、共同部分が充実しているシェアハウスで生活を送ると楽しい東京での一人暮らしを充実させることができます。敷地面積が広い分、広いリビングには大きなテレビやプロジェクターなどを設置されていますし、キッチンやお風呂なども広々としているので、毎日快適に暮らすことができます。まさに一人暮らしでは叶えることができなかった夢をシェアハウスで実現できます。家が広いと友達を呼んだり、一緒に暮らしている同居人たちとパーティーを開催したりと、毎日楽しく暮らしていくことができるのも一人暮らしでは味わうことができないです。制限のある一人暮らしよりもシェアハウスです。

シェアハウスを東京で探す場合の注意点

東京では、家賃が高いこと、個性的な生活の仕方への関心が高いこと、などの理由もあって、特にシェアハウスへの関心が高く、その数も多いようです。シェアハウスは上手に利用すれば、経済面でも生活面でも大きなプラスになりますが、選び方を間違えるとかなり危険です。選ぶ際に特に気をつけるべきなのは、最初の契約です。自分ひとりが生活する訳ではないので、家賃の払い方、建物の使用方法や禁止事項に関して、しっかりと把握しておく必要があります。また、他人同士が一緒に住むため、規則にない部分でもトラブルは起きやすいと考えるべきでしょう。こんなときのために、トラブルが起きた際の相談場所を、あらかじめ用意しておくことが望まれます。また、特に東京の場合は、数多くの居住者確保のために、建築基準法に違反するような、あまりにも狭すぎる住宅を作る可能性もあります。そこが定められた広さを満たしているかどうか、注意するべきでしょう。

シェアハウスは楽しそうだけど、自分の時間や空間も確保したい方に向けた新しい一人暮らしのスタイル。 家具付きのお部屋もご用意可能。急なお引越しや遠方からのお引越し、転勤の方などに好評頂いています。 価格はシェアハウス・ワンルーム以上1LDK未満。 本社は渋谷駅から徒歩3分。渋谷クロスタワーの25階です。関西の神戸・沖縄の那覇にも支店あります。 シェアハウスにはないライフスタイルを東京でお探しの方